sp_bn01.png
LINE@ クリニックを友達に追加!
Facebook

痛みの治療

腰痛 、ギックリ腰

腰痛の種類

腰痛にも色々な種類があるますが、大きく分けて急性腰痛と慢性腰痛に大別できます。

まず急性腰痛ですが、これが俗に言う「ぎっくり腰」にあたります。海外では魔女の一撃と呼ばれることもあるそうです。地面にあるものを拾おうと急にかがんだ瞬間や、突然のくしゃみでも発生します腰部の激しい痛みが特徴で、症状が強い場合は立ち上がることも困難な状態になります。痛めた原因と瞬間を本人がはっきりと認識していることが多いのも特徴のひとつです。急性腰痛では患部の周辺の筋肉や軟部組織を激しく損傷しているため、完全な回復には1週間ほどかかることが殆どです。

これに対して慢性腰痛は急性腰痛ほど痛みは強くありませんが、鈍い痛みが長期間にわたって続く状態をいいます。日常的な腰痛は殆どこれに分類されます。原因としては長時間同じ姿勢を続けたことによる筋疲労や腰椎前弯の減少。また運動不足による筋力低下も原因の一つとされています。

ぎっくり腰が起きるきっかけ

ぎっくり腰はなにも重い荷物を持ち上げる時だけに起きるとは限りません。
床に落ちているホコリを何気なく拾おうとした時や食器を洗っている時、洗面台に向かって歯磨きをしている時など、日常のあらゆる場面で発生する危険性があります。普段から腰を酷使している方や長時間の座位が続く方、または逆に全く運動する習慣のない方も筋力低下が原因で発生する可能性もありますので気をつけるようにしましょう。

ぎっくり腰になると、仕事や日常生活に大きな支障が出てしまいます。
特に直後は全く動けないくらい痛いことがほとんどですので、まずはその場で横になり安静にして下さい。可能であればアイスパックや氷嚢で幹部を冷やします。ある程度動けるようになりましたら、ぎのわん整骨院へお越しください。

初期治療が遅れると長期間仕事を休まざるを得なくなり、また慢性的な腰痛となって残ることもありますので、できるだけ早めにご来院いただければと思います。

ぎっくり腰は慢性化することも

ぎっくり腰の症状がある程度治まったところで放置しておくと、痛みが慢性化して腰痛として残ってしまうことがあります。また、ぎっくり腰になりやすい状態になり、何度もつらい思いをしなければならなくなります。もしぎっくり腰になることがありましたら、最後まできちんと治療を続け、慢性化させないようにすることが大切です。

急性腰痛の治療法

急性腰痛は慢性腰痛とは異なり炎症反応が起きています。この状態で通常通り施術をしてしまうと炎症を助長してしまいます。よってまずアイシングで炎症反応を鈍化させます。次に超音波治療器を主に炎症が起きている周辺の組織に照射します。患部周辺の筋膜の滑りを良くすると、痛みが軽減するためです。また周辺の血流が増加することにより、回復のスピードが早くなります。最後に腰の筋肉に沿ってキネシオテーピングを施します。テーピングをすることにより腰周りの筋力が一時的に増加した状態になるため、本来の筋力の負担が減少し、回復のスピードがさらに早まります。急性腰痛は組織が損傷しているため、その組織が回復しなければ痛みは取れません。超音波治療とキネシオテーピングを施すことで最短での回復を目指します。

慢性腰痛の治療法

慢性腰痛は悪い姿勢や長時間同じ姿勢を強いられることにより、腰椎や腰回りの筋肉に負担が集中していることが引き金になっています。そのため現在の姿勢の改善、仕事や日常生活の身体の使い方の改善が必要不可欠です。また急性腰痛とは違い筋肉の血流が悪くなっているので、ホットパック等で温めることで血管が拡張、血流が改善し痛みが軽減します。ぎのわん整骨院ではこの血流を手技療法により改善しつつ、腰椎の湾曲を正常な状態に戻すことにより慢性腰痛の治療を行います。

しつこい腰痛も諦めず、ぜひ一度ぎのわん整骨院にご来院下さい。

肩こり、寝違え

パソコンやスマートフォンの普及によって、肩こりで悩む人が増えてきました
一時的に痛みを抑える薬はありますが、それを飲み続けていても根本的な問題解決にはなりません。また、身体が薬に慣れて効きづらくなってしまう可能性もあります。肩こりが少しでもある方は、ぎのわん整骨院でしっかり治療をすることをお薦めいたします。

肩こりの原因

肩こりの原因は日頃の生活の何気ない動作の積み重ねです

人間の頭部の重さは5~6キロ程度と言われています。この頭部を支えるのが首や肩回りの筋肉です。頭部をボーリングの玉と考えると、悪い姿勢になったとき首や肩にどれだけの負担がかかるかは想像に難くないと思います。パソコンやスマートフォンを長時間使用している間、ずっとこの状態が続いていることになります。痛みが出るのも当然といえます。肩こりの原因は悪い姿勢からだけではありません。

眼精疲労からくる肩こり

主にデスクワークで瞬きの回数が減少し眼球周辺の筋肉が疲労し凝り固まる眼精疲労。ここから肩こりの症状に派生していくことも少なくありません。

筋力低下からくる肩こり

筋肉は体の各部を動かすだけでなく、血液を送り出すポンプの役割も果たしています。首肩周りの筋力が低下するとこのポンプ機能が低下し、血液の循環が低下し筋肉がこわばりやくなります。結果肩こりの症状を招くことになります。

自律神経の乱れからくる肩こり

極度のストレス状態が続くと自律神経は交感神経(戦う時に活発になる神経)が優位に働きます。この状態になると体はリラックス出来なくなり、常に力が抜けない状態になります。当然筋肉は疲れやすくなり、肩こりの原因となってしまいます。

上記以外にも肩こりの原因はいくつもあります。

ちょっと肩がこっているだけだから…と、そのままにしておくと、首の周辺の筋肉が固くなり、中を通っている神経や血管にまで悪影響が出てきます。具体的にはしつこい頭痛や疲労を引き起こすことが多く、原因がわからないまま頭痛薬を飲み続けているという方も少なくありません。

ぎのわん整骨院では、ただ肩をほぐして症状を軽くするだけでなく、原因を見つけて根本的に解消するためのアドバイスもしています。

寝違えの原因

朝起きると首が痛くて動かしづらい。いわゆる寝違えですが、首肩周りの筋肉のこわばりに加えて筋膜どうしの滑りが極端に悪くなった状態です。原因としては寝返りの減少が考えられます。人間は寝ている間に平均で20回程度の寝返りをすると言われています。同じ姿勢を続けていると臓器や筋肉に負担がかかってしまうためです。この寝返りの回数が減少すると当然体への負担が増加します。一般的に、小さいお子様やペットなどと同じ布団で寝ている方、記憶を無くすほど泥酔する方、ベットではなくソファー等で寝ている方などは寝返りの回数が少ない傾向にあります。たびたび寝違えになるという方は思い当る例があるのではないでしょうか?もちろん日常的に肩こりなどがある方はさらに発生のリスクが高くなります。

肩こり、寝違えの治療法

肩こりも寝違えも、首肩周りの筋肉のこわばりが強くなりすぎているという点では同じです。よってどちらの場合も板状筋、胸鎖乳突筋、棘上筋、僧帽筋など肩こりの原因となる代表的な筋肉を施術によってほぐしていきます。また肩こりの原因のひとつであるストレートネックを軽減させるため、頚部にカーブを作っていきます。寝違えの場合はこれまでの施術に加えて、痛む箇所にピンポイントで超音波を照射し、患部を集中して治療します。これにより筋膜同士の滑りが良くなり、首の可動域が広がります。

ご自宅で出来る肩こりケア

肩こりになると首肩周辺の筋肉がほぼ例外なくこわばっていますので、患部をホットパックやホットタオルで温め、血管を拡張し血流を改善します。入浴時はシャワーではなく、湯船にしっかり浸かって体を温めたほうが痛みが軽減します。部屋をクーラーで冷やしすぎるのは、血管の収縮を招くのでNGです。また体を動かすことにより筋肉のポンプ作用で血液の循環が促進されるので、ラジオ体操など簡単にできる運動もお勧めです。

それでも楽にならない場合は ぎのわん整骨院にお任せください!

冷え性

多くの女性が冷え性に悩んでおり、冬はつらい毎日を過ごしていらっしゃるかと思います。
また、中には夏でも手足が冷えてしまうという方も少なくありません。体質だから仕方ないと諦めてしまうことが多いのですが、冷え性は自律神経の乱れと関係しているため、身体の状態を整えれば改善することも多々あります。冷え性でお悩みの方は、諦めずにぎのわん整骨院へお越しください。

自律神経を改善する

自律神経には交感神経と副交感神経があり、そのバランスが崩れると、身体に様々な不調をきたすようになります。その代表的な症状の一つが冷え性です。当院では、身体の歪みを取り自律神経のバランスを改善させるための治療を実施しています。

冷え性の症状

冷え性の症状は、「手足が冷たい」ということだけではありません。
足に疲れが溜まりやすい方や、食事中に汗が吹き出てくる方なども、冷え性になっている可能性があります。ご自身の身体のことで少しでもおかしいなと思うことがありましたら、早めにご相談いただければと思います。

むくみ

太っているわけではないが、足や顔がむくんでしまう方はいませんか。
頻繁にむくみの症状が出る方は、服装や髪型にも気を遣わなければならず、場合によっては表情まで暗くなってしまうことがあります。むくみでお悩みの方は、お早めにご相談ください。

むくみの原因

体内には水分を運ぶ「リンパ」と呼ばれる組織があります。
これが自律神経の乱れなどによって正常に働かなくなると、循環が悪くなってむくみとして症状が現れます。

ぎのわん整骨院はリンパの流れを改善し、自律神経も整えることで根本的にむくみを解消する治療を行っています。

ダイエットでむくみは解消できる?

上記の通り、むくみは脂肪がついて太っているわけではないため、ダイエットで解消されるものではありません。

仕組みが全く異なるため、むくみにはむくみのための治療が必要です。
太っているわけではないのにむくんでしまうという方は、当院で正しい治療を受けるようにしましょう。

頭痛

頭痛の種類

頭痛は大きく分けて『片頭痛』と『緊張性頭痛』の二つ分けられます。まず片頭痛ですが、脳の血管が拡張し三叉神経が刺激を受けることにより発生すると考えられています。睡眠不足、睡眠の取りすぎ、ストレス、疲れなどが原因となります。一方緊張性頭痛首や肩周りの筋肉がこわばり、血液の循環が低下(血管が収縮)して起こると考えられています。精神的なストレスや長時間のPCやスマホ使用などによる筋肉疲労が原因となります。

頭痛の治療法

頭痛のうち最も起こりやすいのが緊張性頭痛です。血管の収縮が原因の為、逆に血管を拡張させるのが治療の目標となります。ぎのわん整骨院ではまず首周り、肩周りの筋肉を施術によってほぐしていきます。具体的には板状筋や棘上筋、僧帽筋などが主な筋肉になります。軽めの症状であれば首肩周りの筋肉を緩めるだけで、痛みは大きく改善されます。症状が特に強い場合には超音波治療器を使い、患部の深部組織を集中して温めます。その後電気治療器で浅部組織のこわばりを緩めていきます。

四十肩

四十肩の症状・原因

四十肩、五十肩という呼ばれ方が一般的ですが、実際の名称は『肩関節周囲炎』といいます。名前か分かるように、関節の周囲に炎症が出る症状です。よって肩こりなどとは病態も痛みの出方も全く異なります。肩を動かした際に徐々に痛みを感じるようになっていきます。突然激しい痛みが出現する場合は別の疾患の可能性が考えられます。様々な動きで痛みが出現しますが、特に特徴的なのが『結帯動作』(後ろ手で帯を結ぶ仕草)での痛みです。関節の可動域が狭くなり、痛みがある方の腕だけ後ろに廻せなくなります。また就寝時の痛み『夜間痛』も特徴的な痛みの一つです。加齢に伴い肩関節周辺の筋肉、靭帯、軟骨などが柔軟性を失い、腱板(肩関節を包む筋肉の集合体)や関節に炎症が生じると考えられています。一般的に治癒までには半年から1年程度の期間を要します。

四十肩の治療法

肩関節周囲炎は肩こりなどとは異なり炎症が生じている症状です。むやみに筋肉をほぐそうとすると、炎症が悪化し痛みをむしろ強くしてしまう可能性があります。しかし周辺筋肉のこわばりが痛みを助長してしまうのも事実です。よってまずは可能な範囲内で周辺の筋肉を施術します。次に肩関節周辺にキネシオテーピングを施します。キネシオテーピングは湿布などとは異なり実際の筋肉の走行に沿って添付し、筋肉の運動を補助するように働きます。テーピングをすると一時的に筋力が増えた状態になるため、関節の運動が向上し日常生活での動きが楽になります。またテーピングをしている間は関節や周辺の筋肉の負担が軽減されるため、回復のスピードが速くなります。

背中、肩甲骨の痛み

背中、肩甲骨の痛みの原因

背中、肩甲骨付近の痛みはいくつもの原因がありますが、大きく急性の痛み慢性の痛みに分けられます。まず急性の痛みは、スポーツなどで急激に上体を捻った際や、大きなクシャミや長引く咳で背中周辺の筋肉や靭帯を損傷することで生じます。損傷の度合いが強い場合は深呼吸をするだけでも背中に痛みが走るようになります。一方慢性の痛みはそのほとんどが姿勢不良を原因とするものです。パソコンのディスプレイやスマホを長時間眺めていると、どうしても姿勢は背中が丸まった状態、いわゆる猫背になりがちです。この姿勢は背中の大部分を覆う僧帽筋と呼ばれる筋肉が突っ張った状態になるため、背中の血流がどんどん悪くなり、やがて痛みを生じさせます。これにより僧帽筋の下層に存在する肩甲骨やその内側に付着する菱形筋などの筋肉が圧迫され、さらに痛みやこわばりの範囲が広がってしまいます。

背中、肩甲骨の痛みの治療法

急性の痛みの際は胸郭(肋骨)を圧迫するだけでも痛みが生じる場合があります。この場合一般的な手を使った施術がほぼできません。よって超音波治療器を使用し治療します。患部周辺の筋肉や筋膜の動きが滑らかになるため、患部に間接的に加わるストレスが減少し痛みが軽減します。また超音波振動により周辺組織の血流が増加するため、回復のスピードが早くなります。呼吸だけでも痛みが生じる様な場合は筋肉や靭帯の広範囲の損傷、あるいは肋骨骨折(主にひび)の疑いがあります。この場合はキネシオテーピングで胸郭の運動を制限し、痛みの軽減をはかります。慢性の痛みの際は僧帽筋をはじめとする背中周りの筋肉を施術によりほぐしていきます。また同時に背中側に湾曲が強くなりすぎている背骨のカーブを正常近づけていきます。

料金

●保険診療

 1割負担2割負担3割負担学生
初診 400円前後 800円前後 1,200円前後 950円前後
2回目 200円前後 400円前後 600円前後 460円前後
3回目 160円前後 320円前後 490円前後 370円前後

 

●保険外診療

  • 交通事故治療   基本0円
  • むち打ち治療   基本0円   
  • 超音波治療    200~400円
  • テーピング    200~400円
  • EMSダイエット  500円
  • 骨盤矯正        2,800円(回数券では2500円)
宜野湾市志真志のぎのわん整骨院 TEL:098-892-7116
宜野湾市志真志のぎのわん整骨院 TEL:098-892-7116
ぎのわん整骨院 オフィシャルブログ LINE@ Facebook 交通事故治療 治療実績豊富です! 骨盤矯正 しっかり矯正! 保険診療 急性の痛み&ケガは EMSダイエット 最新機器でダイエット! スポーツ外傷・障害 しっかり治して楽しくスポーツ
ぎのわん整骨院 オフィシャルブログ LINE@ Facebook 交通事故治療 治療実績豊富です! 骨盤矯正 しっかり矯正! 保険診療 急性の痛み&ケガは EMSダイエット 最新機器でダイエット! スポーツ外傷・障害 しっかり治して楽しくスポーツ